仙台セフレ話~ガマンの海外赴任から帰ってきました!

いや、マジでセフレが欲しかったんです。

なにしろ5年ほど、まともなセックスを僕はしていなかったんですから。
ひとことで言うと女日照りってヤツですね。

実は僕、この5年間、海外赴任をしてたんです。

やっと海外勤務を会社に解いてもらい、今回本社がある仙台に5年ぶりに戻って来ました。

日本の女の子とセックスしたい!セフレが欲しい!

日本に戻って来たら、真っ先にしたいと思っていたのはやっぱりエッチですよね。
それももちろん日本人と。

この5年間、日本人の女の人とセックスをするために「欲しがりません、勝つまでは」の精神で遠い異国の地で仕事に頑張って来たんです。

だから日本に帰国後はセフレをたくさん作って、それこそ毎日のようにセックスをしまくってやろうと思ってました。

そうなればまずは、セフレ作りから始めないといけません。

でも、5年も日本を留守にしていた事もあって、イマドキの女の子のGETの方法って昔とずいぶん変わって来ている事に気が付きました。

会社の同僚にナンパに行こうと言ったら思いっきり笑われちゃったんですよ、これが。

オマエさん、イマドキの女子はナンパなんかじゃ絶対に引っかからないよって完全にディスられちゃったんです。

で、そんな同僚から教えてもらったのが出会い系サイトです。
なるほど、最近は本当に便利なものがありますね。

僕は完全に浦島太郎みたいですけれど、そこは謙虚になって同僚に出会い系サイトの攻略法について教えてもらいました。

仙台で効率よく女の子を探したかったら絶対出会い系

ある程度、出会い系サイトを理解してから、独り立ちした僕が選んだのはPCMAXでした。

同僚が言うには仙台だとPCMAXが比較的、カワイイ女の子が見つかりやすいって言います。

なるほど、さすがスケベの同僚の言う事は間違いありません。

実際にPCMAXで女の子を物色していると、マジでカワイイ女の子がたくさん登録しています。

もう彼女たちのプロフを眺めていると、すぐにでもエッチがしたくなって堪らなくなって来ました・・・。

初めまして!海外駐在から5年ぶりに仙台に戻って来ました!一緒に遊んでくれる女子、探してマース。

こんな軽いタッチでメッセを送ってたら、数人の女の子からレスがあったんです。
その中でも有村◯純似の子から返事がありました。

お〜、マジでカワイイ!こんなカワイイ子に出会えるなんて!!

やっぱり5年も女日照りが続いていた僕の事を幸せの女神様はしっかりと見ていてくれたに違いない!!

こんな事を、この時は本気で思いましたね。

折しも仙台は有名な七夕の季節。
街の中は至る所、七夕で盛り上がっています。

七夕

だから僕は有村◯純似の彼女にお誘いのメッセを送ってみたんです。

「久しぶりの日本だし、七夕をゆっくりと女の子と歩きたいんだけど・・・」
「今まで海外でお仕事、頑張ってたんだもんね〜。アタシで良かったら是非、ご一緒しますよ〜!!」

といった感じで彼女こそがまるで女神様かと思ってしまうような返事が来ました。

いや、こうなるとますます僕の期待値は上がってしまいます。

出会い系で知り合ったセフレ候補と仙台七夕デート

ヨウコちゃん(仮名)とは青葉区のクリスロードで待ち合わせをしました。

なんとヨウコちゃん、僕のためにその日は浴衣を着て来てくれました。

浴衣の彼女

もう女日照りでやられっぱなしだった僕にとってはマジでたまりません。

これ、脱がしたら最高に燃えるよな〜って思っちゃいました。

仙台の七夕、すごくキレイで良かったんですけどね。

それは間違いない事なんですが、正直、ヨウコちゃんと一緒に歩いていたんで、完全に僕の意識はそっちの方に向いちゃっていて、全然七夕の事なんて覚えてないんですよ。

もう頭の中では、ヨウコちゃんと早くエッチをしたいって事ばっかり。

でも、そんな僕にまたもや幸せの女神様は微笑みかけてくれました。

なんとあれだけ晴れていたのに、急に雨が降って来たんです。

天気予報が外れるくらいの急な雨。七夕を観に来ていた人はみんな一目散に近くのお店に緊急避難しています。

僕たちもお店に入ろうと思ったんですけれど、行くお店は全て満席。
なのに雨はますます激しくなって来ます。

ふと気がつくと雨に濡れたヨウコちゃんの浴衣、なんかスケスケの状態になってきてしまっています。

これ、このまま濡れたらマズいよね・・・と思い、僕はすぐ近くにあったラブホに入ろうとヨウコちゃんを誘ったんです。

するとヨウコちゃん、アタシ、彼氏いるし・・・って言って断るんです。

けれど、そうこう言っているうちに彼女の浴衣はどんどんスケスケになってきてしまっていて、周りの人の好奇の目に晒されてます。

もうそうなると入る先がどこであろうと文句言えない状態です。
ヨウコちゃんは観念して僕とラブホに入りました。

ラブホの部屋に入ってから、一瞬僕たちの間には少し気まずい雰囲気があったんですけどね。

でもそんな事、お構いなし。もうここには二人しかいないんですから、僕は思い切ってヨウコちゃんを誘ってみました。

「彼氏いても気にしないよ・・・」

と言ってヨウコちゃんを抱きしめました。

最初は浴衣の着付けが出来ないから・・・と彼女は断って来たんですけれど、でもさすが七夕シーズンの仙台のラブホです。

今日は着付けをしてくれる人がホテルにいるっていうじゃありませんか。

もはやヨウコちゃんも断る事が出来なくなって、とうとう僕とのエッチに応じてくれました。

最初はちょっと抵抗を見せていたのに、でもヨウコちゃんって本当はセックスが好きみたいですね。

実際にセックスに突入したら結構、ノリが良くなっちゃて自分からフェラしてくれたり、69の体勢に持ち込んできたり・・・。

喘ぎ声もだんだん大きくなって来て、ヨウコちゃんがセックスを楽しんでいる事が良くわかりました。

セックスしたら気が変わった?彼氏持ちの女の子をセフレにできた

セックスが終わってから、ヨウコちゃんがボソっと言ったんです。

「彼氏より良かったかも・・・」

その言葉に僕は、ね、これからも会ってくれる?と聞いたら、彼女、恥ずかしそうに頷いてくれました。

ヨウコちゃん、彼氏とは月2くらいでセックスをしてるそうなんです。

でも彼氏とのセックスはなんか一方通行で全然良くないって言います。

だから僕はヨウコちゃんとセックスをする時、なるべく彼女が気持ち良くなるように頑張ってるんですね。

そんな甲斐もあって、今では僕と彼女は週イチくらいでセックスしてるんですよ。

そう、彼氏よりも僕とのセックスの方が回数は多いんですね。
これはセフレ冥利に尽きるってもんです。

しかもいつも誘ってくるのはヨウコちゃんの方から。

LINEで今日、したい・・・なんてメッセが来ると仕方ないなぁ〜なんて思っちゃいます。

いや、やっぱり僕には幸せの女神様が味方をしてくれているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です